くらげちゃんのゆらり通信
ゆるくて楽しいエンタメ情報をお届け♥
ニュース

伊勢市でマイクロバス全焼!画像や動画は?炎上の原因は何?けが人は?

2019年1月20日の午後1時前、三重県伊勢市の路上で

マイクロバスが全焼するという事件が発生しました。

 

突然マイクロバスが炎上したということですので

目撃者はさぞかし恐怖を覚えたと思います。

 

私は過去、電車に乗っているときに

近くの駅で火事が起きていたことがあり

安全な場所にはいたのですが

電車を降りると熱気と煙を近くに感じ

怖かった経験があります。

 

今回の事件はマイクロバスが全焼ということで

けが人の有無などもとても心配です。

詳しく調べていきたいと思います。

伊勢市でマイクロバス全焼!

まずは事件の内容をご覧ください。

三重県伊勢市の飲食店前の路上で20日、客待ちをしていたマイクロバスが突然、炎上し全焼しました。

 警察などによりますと、20日午後1時前、三重県伊勢市上地町の大阪屋伊勢店前の路上で「マイクロバスが燃えている」と警察に通報がありました。消防車など10台が出動し消火に当たり、火は約30分後に消し止められましたが、三重県明和町のアケミ交通の29人乗りマイクロバスが全焼しました。この火事で、けが人はいませんでした。

 バスの運転手によると、正午すぎに飲食店前で乗客を降ろしたあと、エンジンを切って車を離れしばらくして戻ったときには車内は黒い煙に包まれていたということです。

 消防は、燃えたバスを検証し出火原因を調べています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010004-sp_ctv-soci

三重県のアケミ交通という会社の

29人乗りマイクロバスが

突然の炎上により全焼してしまったという事件です。

 

法事で食事をしていたグループの乗客を

待っていたタイミングだったため

車内には誰もいなかったということです。

 

消防車が出動する台数は

災害の規模や地域の消防本部の規模などにも

よるようですが、バス1台の炎上に対して

消防車が10台近く出動したというのは少し驚きました。

 

それでも消火に約30分かかっていますので

かなり燃え上がっていたということがわかります。




炎上の原因やけが人は?

29人乗りのマイクロバスが

突然炎上したということで

けが人の有無がとても気になります。

 

当時、車内には誰もいなかったためけが人はおらず

47歳の男性運転手が病院に搬送されましたが、

けがはなかったそうです。

 

けが人がひとりもおらずとても安心しました。

男性運転手はバスの近くにいたということですので

おそらく軽く煙を吸ってしまって

念のため病院に運ばれたといったところでしょうか。

 

炎上の原因は今のところまだわかっていませんが

画像を見る限り運転席付近

かなり燃えているように見えます。

 

もしかすると放火の可能性もありますし

古いバスであれば何らかのトラブルで

自然発火したなども考えられます。




炎上したマイクロバスの交通会社の詳細は?

炎上したマイクロバスは

三重県多気郡明和町の

アケミ交通有限会社が運営しています。

 

アケミ交通有限会社は

タクシー、路線バス、マイクロバスの

運営や観光旅行のプラン作成・営業などを

行っている交通会社です。

 

ネットでは、会社の規模が小さいので

バスの整備がおろそかになっていたのでは

という意見もありました。

 

警察と消防の調べを待ってみないと

なんとも言えないところではありますが

もしバスの整備不良などが原因であれば

アケミ交通の責任も問われることになりそうです。




まとめ

2019年1月20日に三重県伊勢市で発生した

アケミ交通のマイクロバス炎上について

情報をまとめました。

 

消防車10台近くが出動する

比較的大きな火災であったにもかかわらず

けが人が出なかったことだけが

本当に不幸中の幸いです。

 

早く原因が特定されてほしいですが

放火や、アケミ交通側の

不手際による整備不良などでないことを

祈るばかりです。

 

まだまだ火災が起きやすい時期でもありますので

注意していきたいですね。