くらげちゃんのゆらり通信
ゆるくて楽しいエンタメ情報をお届け♥
ニュース

カメラを止めるな!上田慎一郎監督のやり方が汚い!悪質な点とは?

現在、映画「カメラと止めるな!」という映画に

盗作疑惑が浮上しています。

 

原作を作成したのは、

和田亮一さんという方で

2011年~2014年まで劇団を立ち上げていた

若手クリエイターです。

 

そして、この和田亮一さんの作品を

盗作したといわれているのは

上田慎一郎監督です。

くわしく見てきましょう。

上田信一郎監督のプロフィール

 

真ん中にいるのが上田慎一郎監督です。

1984年4月7日生まれの34歳、

主に短編映画を作成している監督のようです。

 

中学生のころから映画製作に興味があり

父親のビデオカメラでいろんな作品をつくり

文化祭などで上映していたそうです。

 

高校卒業後も独学で映像をとり続け、

25歳ころから短編映画をとるようになりました。

 

そして今回人気作品となったのが

「カメラを止めるな!」という作品です。

この作品にかかった制作費用はなんと300万円

無名の俳優や女優たちが作り上げた

かなりおもしろい作品となっています。

 

この作品によって

かなり注目度が上がったとされています。

この映画の絶賛されている場面は

何といっても映画の構成なんだそうで、

他の映画にはないようなつくりになっています。




上田慎一郎監督のやり方が汚い!

実はこの「カメラを止めるな!」という作品、

盗作疑惑が浮上しているんです。

 

盗作したといわれている作品は、

和田亮一さんの作品である

「GHOST IN THE BOX!」です。

和田亮一の現在の職業や年収は?経歴やプロフィール!劇団の情報も!

 

和田亮一さんが劇団で活動しているとき

作った作品が盗作されたとして

起訴する考えを固めています。

 

詳細をみてみると

上田慎一郎監督のやり方が

かなり汚い!悪質!という意見がありました。

 

具体的にご紹介していきたいと思います。

まず、和田亮一さんのコメントを

ご紹介していきます。

監督が独自に書き上げたのが「カメラを止めるな!」という作品だそうです。

そしてその作品は上映されました。
僕はその事実(カメラを止めるな!がゴーストから作られたこと)を、公開されてだいぶ経つ7月初旬、さらに別の元劇団員の後輩から聞いて初めて知りました。
最初は、単純に嬉しかったんです。

(省略)

実際に見てみるとクレジットにはPEACEの名前、GHOSTの名前はありませんでした。
しかも監督はインタビューに「ある劇団のある芝居に影響を受けて」と答えていて、世間では「オリジナルストーリー」として評価されていた。
劇団名、作品名を出さないのはプロデューサーの意向ということでした。
解散してるからしょうがないとは思ったが、どうしてもそれが納得できず、監督に連絡を取りました。

(省略)

「確かに最初は一緒に進めたし、あの舞台を参考にしたがそれは一旦頓挫し最終的には全く別物になったので「原作」と入れることはできない。参考にしたということでいくと、三谷幸喜さんの作品も原作としていれなきゃいけないことになる。」
と言われました。

その件で直接話をするために、先方のプロデューサー含め、会って話しました。
その際に、配給拡大のタイミングで、今日クレジットは決めなくてはならない。といわれ、最終的に向こうから妥協案として「原案」だったらどうですか、という話になり、“ひとまず”クレジットには原案として劇団名、作品名を入れてもらいました。
そして、その後原作かどうかは判断しましょう。
という話になりました。

(省略)

でも僕は、ただ、「原作」と入れて欲しかったんです。

元劇団員のみんなが「あの作品PEACEの芝居が原作なんだよ!」と、素直に応援して、自慢できるようにしたかったんです。

(省略)

しかしその後、先方からきたのは、PEACE「GHOST IN THE BOX!」は今回の映画における「原案」として整理しました。という連絡と、よくわからない原案利用契約書。

その提案された契約書には、僕が今後の映画、舞台におけるリメイクそのほか二次利用に関する一切の権利をもてないという内容でした。

引用元:note

ここまでよんでみると

悪質じゃない?と思わざるを得ません。

カメラを止めるな!パクリ訴訟の経緯や盗作部分!賠償金はいくら?

 

特に最後の一切の権利を

和田亮一さんには与えられないという部分、

ちょっと意味が分かりませんよね(笑)

 

弁護士の方も、

「事の経緯を聞く限り、

先方の強引な進め方には問題があると

いわざるを得ない」と言っていることから

裁判に発展する可能性はかなり高いと思います。




まとめ

和田亮一さんは、

「カメラを止めるな!」という映画には

原作があるということ。

そして、それが

劇団「PEACE」のものであるということを

映画を楽しんでみてくれている方たちに

知って欲しいのだと思います。

 

ただ、原案としてではなく、

原作として映画に携わりたいのでしょう。

気持ちはわかりますよね…

 

これからどうなっていくのでしょうか。

これからも注目していきたいと思います。

和田亮一の現在の職業や年収は?経歴やプロフィール!劇団の情報も!映画「カメラを止めるな!」は現在 いろんな場所で絶賛されている映画です。 しかし今回、なんと「カメラを止めるな!」は 盗作作品...
カメラを止めるな!パクリ訴訟の経緯や盗作部分!賠償金はいくら?現在、映画「カメラと止めるな!」という映画に 盗作疑惑が浮上しています。 原作を作成したのは、 和田亮一さんという方で 20...