くらげちゃんのゆらり通信
ゆるくて楽しいエンタメ情報をお届け♥
ニュース

カメラを止めるな!パクリ訴訟の経緯や盗作部分!賠償金はいくら?

現在、映画「カメラと止めるな!」という映画に

盗作疑惑が浮上しています。

 

原作を作成したのは、

和田亮一さんという方で

2011年~2014年まで劇団を立ち上げていた

若手クリエイターです。

和田亮一の現在の職業や年収は?経歴やプロフィール!劇団の情報も!

 

今回はなぜこのような騒動が起きたのか

詳しく解説していきたいと思います。

カメラを止めるな!パクリ訴訟の経緯は?

では、パクリ訴訟の経緯について

ご紹介していきます。

 

まず、現在公開されている映画

「カメラを止めるな!」は

和田亮一さんが立ち上げた劇団「PEACE」で

再演、初のロングランまでした

とても思い入れのある公演でもある

GHOST IN THE BOX!」という舞台です。

 

比べてみると、映画構成やセリフなど

類似点が多いようなのです。

実際、私はこの映画も舞台も

みたことがないので詳しくはわかりませんが

一度舞台を見たことがある人は

「あれ?どこかでみたストーリー…?」と

感じるようですね。

 

なぜ、「カメラを止めるな!」は

和田亮一さんの舞台作である

GHOST IN THE BOX!」を

盗作したのでしょうか?

 

くわしく調べてみると

「盗作」という意識などは

全くなさそうに感じました。

 

こちらは和田亮一さんのコメントの一部です。

当時、劇団に脚本家志望の後輩Aがいて、僕が一緒に企画案を練り、脚本をAに任せ、稽古しながら四苦八苦しながら脚色して出来上がったのが「GHOST IN THE BOX!」です。
なので、著作権は僕とA、そして劇団にあります。

劇団解散後、もともと監督と親交のあった元劇団員と監督の間でこの作品の映画化企画が持ち上がりました。

その時、脚本書いたAも引き入れて、3人で映画化プロジェクトがスタートしたようです。
僕は劇団解散後、お恥ずかしい話けっこう精神を病んでしまい、立ち上がることができませんでした。
劇団員みんなとの連絡も意図的に断っていました。
それぐらいあの頃は悔しかったし、いろんなダメージがありました。

いろんな人の助けを借りて、今は復活しました。
そんな中で映画の話があって、僕には一切連絡がありませんでした。
これに関しては完全に自分の責任だと思っています。
本当に情けないです。

 

その後、監督が独自に書き上げたのが

「カメラを止めるな!」という作品だそうで

監督は和田亮一さんや劇団などの名前は一切出さず

オリジナルストーリー」として

映画を公開したんです。

 

監督は、インタビューで

ある劇団の舞台をみて影響を受けた」と

話をしていたそうです。

 

ここまで読み進めると

影響と言っていいのかも疑ってしまいますよね…

 

こちらは和田亮一さんのコメントです。

弁護士に、双方の作品を見比べてもらったうえで相談したところ、類似点の多さや、Aの脚本をもとに書き直したものであるのに原作の表記がないこと、原作者である僕やAの許諾を取らなかったことなどから『これは著作権の侵害だ』と。現在、訴訟の準備を進めています

 

このような流れがあり、

起訴の準備を進めているようです。

 

映画というのは、

エンドロールがありますよね。

そこに監督名や原作などさまざまな情報を

入れておかなければいけません。

 

しかし「カメラを止めるな!」という作品は

原案として和田亮一さんの名前が入っています。

それも、公開後「記載をお願いします」と

お願いして「原案としてなら…」と

とりあえず原案として記載してもらいました。

「原案」は作品を作るに当たって参考にしたアイデア

「原作」はその作品を作るための元の作品

 

普通、ここまで参考にしているのであれば

「原作」として名前や元の作品名を

しっかり記載しなくてはいけません。

 

本当に著作権を侵害しているのかは

裁判できまるので何とも言えませんが、

これ以上騒動が大きくならないことを

祈るばかりです。




カメラを止めるな!盗作部分をチェック!

ではここから、気になる盗作したと思われる

部分を確認していきたいと思います。

 

和田亮一さんがコメント内で言っている

盗作と思われる部分は

映画の構成部分です。

 

「カメラを止めるな!」という映画は

その構成に関してかなり絶賛されているもので

その絶賛されている部分が

和田亮一さんの作品と

かなり似ているそうなんです。

 

他にも、

「カメラを止めるな!」というセリフは

そのまま真似されているようで…

 

「構成は完全に自分の作品だと感じました。この映画で特に称賛されているのは、構成の部分。前半で劇中劇を見せて、後半でその舞台裏を見せて回収する、という構成は僕の舞台とまったく一緒。

 前半で起こる数々のトラブルをその都度、役者がアドリブで回避していくのもそう。舞台が廃墟で、そこで、かつて人体実験がおこなわれていたという設定も一緒ですし、『カメラは止めない!』というセリフは、僕の舞台にもあるんです」

和田亮一さんが

このようにコメントを残しているように

全体的に真似されていると感じているようです。

和田亮一の現在の職業や年収は?経歴やプロフィール!劇団の情報も!映画「カメラを止めるな!」は現在 いろんな場所で絶賛されている映画です。 しかし今回、なんと「カメラを止めるな!」は 盗作作品...

カメラを止めるな!賠償金はいくら?

もし、今後「カメラを止めるな!」という映画が

著作権を侵害していると認められた場合

気になるのは賠償金です。

 

まずは賠償金とは

大体どれくらいの金額を支払うものなのか

調べてみました。

著作権、出版権、著作隣接権の侵害の場合、罰則は原則として「10年以下の懲役」または「1000万円以下の罰金」となります。
しかも、どちらか一方ではなく懲役と罰金を両方とも科すことができます。

侵害者が法人の場合には、罰則がずっと強化され、「3億円以下の罰金」となります。
注意が必要なのは、この罰金刑は法人に対してのもので、その法人の従業員で著作権法違反行為を行った個人に対しては前述の刑罰が科せられるということです。

引用元:http://copyright-topics.jp/basic/penalty/#i-7

 

「カメラを止めるな!」は

監督&俳優養成スクール・

ENBUゼミナールの

「シネマプロジェクト」

第7弾作品とされています。

 

これは法人として認められる可能性が高いので

損害賠償金は3億円以下になるということです。

 

ちなみに「カメラを止めるな!」は

無名の俳優や女優、そして無名監督が

作り上げた作品となっており

製作費は300万円とかなりやすくなっています。

 

そしてこの映画、すでに10億円

興行収入があるようなんです。

ここから3億円となれば

かなりの大打撃になることでしょう…

 

「カメラを止めるな!」以外にも

盗作疑惑が浮上した作品や

盗作したとして訴えられた作品があります。

 

日本の場合、賠償金などを

明確に発表することはまずないですよね。

そのため、「カメラを止めるな!」も

たとえ著作権侵害が認められても

損害賠償金が発表される可能性はないと思います。

 

ちなみに有名な話になりますが、

「アナと雪の女王」も盗作疑惑が出ており

米ウォルト・ディズニーに対して

2億5000万ドル(日本円で270億円)

損害賠償金を要求したことがわかっています。

 

アナ雪はグッズ販売なども行っているので

興行収入10億ドルといわれていて

損害賠償金もけた違いに高いのでしょう…

 

さすがにここまで高くはないと思いますが

もし「カメラを止めるな!」の

盗作が本当であればかなりの

損害賠償金を支払うことになりそうですね。

カメラを止めるな!上田慎一郎監督のやり方が汚い!悪質な点とは?現在、映画「カメラと止めるな!」という映画に 盗作疑惑が浮上しています。 原作を作成したのは、 和田亮一さんという方で 20...

まとめ

今回は、人気の話題作

「カメラを止めるな!」に

盗作疑惑が浮上した件を

ご紹介しました!

 

ここまで調べてみると

盗作していると

思わざるを得ない状況に感じます。

 

どちらにしても

「オリジナルストーリー」として

映画を出すのは間違えていたのでは?と

思いました。

カメラを止めるな!上田慎一郎監督のやり方が汚い!悪質な点とは?現在、映画「カメラと止めるな!」という映画に 盗作疑惑が浮上しています。 原作を作成したのは、 和田亮一さんという方で 20...
カメ止め盗作疑惑はなぜ今更?詐欺被害者続出!和田亮一の裏の顔とは今、「カメラを止めるな!」に 盗作疑惑が浮上しており かわり話題になっていますよね。 訴訟を起こした方は 和田亮一さんという...