ニュース

延岡学園バスケ部 殴った選手の名前や処分は?高校の出場権はどうなる?

日大のアメフト部の悪質なタックル事件が

問題となって記憶に新しいですが、

今度は高校のバスケットボールで暴行事件がありました!!

 

全九州バスケットボール大会で

宮崎県の延岡学園高校の留学生選手

試合中に審判を殴るという事件が起きました。

 

前代未聞の事件

ネット上では早くも話題となっています。

 

この件について情報を集めてみました!

 

暴行事件の内容

2018年6月17日、

長崎県のシーハットおおむらで行われた

全九州バスケットボール大会の男子準決勝戦

福岡大学付属大濠高校と延岡学園高校の試合中に

延岡学園高校の留学生選手

ファールをとられました。

そのファールに納得のいかなかった選手が

審判を殴って倒れさせました。

 

動画があがっていましたので、

こちらをご覧いただければ一目瞭然です。

かなり本気で殴ったようですね…

これは怖いです。

 

その後審判はすぐに起き上がることもできず、

現場からの情報では

流血し担架で運ばれていったそうです。

 

試合は中止となり、

福大大濠 (福岡) 20-0 延岡学園 (宮崎)

没収試合となりました。

 

これだけのことをしてしまっては

当然の処分だと思います。

審判が大きなけがを負っていないことを祈ります。

 


殴った選手は誰?

今回の試合に関しては没収試合となったため

それまでの詳しいスコアや出場選手は公式に発表されていません。

 

未成年ですしこれからどうなるかわからないので

ここで名前をあげるのは避けますが、

ひとつ前の試合まではスコアがでていますし、

選手の番号と名前も表示されているので

すぐにわかってしまいますね。

 


今後の展開は?

スポーツではたまに疑問を抱くような

ジャッジを審判が下し批判が殺到することがありますが、

今回の場合は動画を見る限り

ぶつかった福大大濠の選手も倒れていますので

そこまで間違ったジャッジではないと思います

 

たとえもしそのジャッジに納得がいかなかったとしても

まず口頭で抗議するべきで、

審判を殴るというのはどう言い訳しても

誰も納得のいかない行為だと思います。

 

延岡学園は2011年に

高校バスケ3大大会ともいわれる

インターハイ・国体・ウィンターカップ

すべてに優勝し3冠を獲得したこともある強豪校です。

今回の試合も優勝候補同士の戦いだっただけに

見ていた人たちも驚きと落胆が隠せない様子です。

 

今回の件で延岡学園は夏に開催される

インターハイへの出場を辞退するのでは

ないかともいわれています。

 

 


ネット上の反応

 

選手への擁護の声は全くないといってもいいほどで、

日大アメフト部の件を思い出す人も多かったようです。

 


まとめ

日大のアメフト部の件は選手から選手に対する傷害事件ですが、

今回は丸腰の審判への一方的な暴行です。

 

高校バスケにおいてこのような事件は前代未聞ですし

選手や延岡学園高校に

今後どのような処分が下るのかも気になりますね。

 

また情報が入り次第更新していきます!